九州大学 病院キャンパス

九州大学馬出キャンパスは、病院地区・堅粕地区ともよばれ、京都帝国大学福岡医科大学の母体となった福岡県立病院の跡地であり、馬出(まいだし)地区は、九州大学内では最も歴史が古い地区なのです。2009年9月に総工費1千億円、着工より11年かけて新病院棟が完成し、さらなる進化を遂げました。地下鉄馬出九大病院前駅まで徒歩1分のアクセスで、天神まで1本で行くことができる利便性が魅力です。

ピックアップ物件

MORE

お部屋を検索

家賃から探す

条件から探す

キャンパス情報

九州大学 病院キャンパスのキャンパス情報

九州大学医学部は1903年(明治36)に京都帝国大学福岡医科大学として現在の病院キャンパスである馬出(まいだし)に創立されました。病院キャンパスの広さは全国の医学部で2番目の広さがあり、キャンパス内には同大学医学部の歴史的名所が数多くあります。また、キャンパス内に6本の通りがあり、功労のあった教授・卒業生の名前が付けられていて、ユニークです。
最寄駅は地下鉄箱崎線「馬出九大病院前駅」より徒歩約2分、JR「吉塚駅」より徒歩約9分。西鉄バス「県庁前」より徒歩約4分、「警察本部前・九大病院入口」より徒歩約3分でどの公共機関でも便利にアクセスできます。
キャンパスの西側に大型ショッピングモール「ゆめタウン博多店」があり、9:00~22:00まで営業しているので、遅くまで買い物が楽しめそうです。また、「馬出九大病院前駅」の東側に「東公園」があり緑豊かな自然環境です。

一人暮らしガイド

ページトップへ戻る