福岡歯科大学

福岡歯科大学は、福岡市西部に位置し、豊かな自然と都心の便利さを併せ持つ、勉学に最適な環境の中にあります。
本学は、開学以来40年を経て、約4000名の卒業生を輩出し、現在、全国でも有数の歯科医学教育・研究の場として成長してきた西日本唯一の私立歯科大学です。
本学の教育目標は、「教養・良識および国際感覚を備えた優秀な歯科医師を育成し、社会福祉に貢献するとともに、歯科医学の進展に寄与すること」にあります。
これからの目標を達成するため、本学は独自の6年間一貫教育システムを導入し、教養科目、専門基礎科目、専門科目および臨床実習が段階的に学べるようカリキュラムを編成しています。 また、クラブ活動や国際交流も盛んです。その他、学生の勉学や生活上の問題に対し、助言教員を配し、きめ細かく対応しています。
5年生から実施している臨床実習の場である大学附属の医科歯科総合病院には、歯科だけでなく医科(内科、外科、麻酔科、耳鼻咽喉科、形成外科、心療内科、眼科)診療科も配置されています。 さらに同一キャンパス内には、2つの介護施設があり、教育実習も行われます。
近年、超高齢社会の到来、病気の種類・頻度の変化、患者さんのニーズの多様化等に対応するには、治療の対象を歯のみに限定せず、口腔(こうくう)機能や全身状態並びに患者さんの気持ちを十分理解して 医療を行うことが必須条件となります。一般医科の基礎的知識を持ち、医師と連携のもてる医療人の育成を目標としています。このために、本学は「歯科医学」から、口腔を一つの臓器とみなし、その機能全体を向上させる 「口腔医学」への脱皮を目指し、各方面に向けて発信しています。

ピックアップ物件

MORE

お部屋を検索

家賃から探す

条件から探す

キャンパス情報

福岡歯科大学 のキャンパス情報

福岡歯科大学は1973年(昭和48)に創立した歯科医を育成する私立の大学です。卒業生は4000名を超え、日本全国あるいは海外で診療、研究、教育の場で活躍しています。
近年、歯科医療の現場ではむし歯や歯周病といった疾患の治療から、口腔機能の回復や予防歯科といった視点での医療への転換が求められ、また、高齢化にともない歯科に来院する患者さんの実態も大きく変化しつつあります。今まで以上に歯科医療への技術向上、安全性が求められているため、最先端な設備を積極的に導入した教育環境のもとで、これからの時代が必要とする歯科医師の育成を行っています。
最寄駅は福岡市営地下鉄「賀茂駅」より徒歩8分。大学周辺には数多くのコンビニ、100円均一の「ダイソー」、「Seria」、食品の買い物には「マックス・バリュー」があり生活しやすい環境です。

一人暮らしガイド

ページトップへ戻る