西南学院大学

西南学院大学は、伝統と明確な特色を持つ私立大学です。西南学院95年、大学62年(前身の旧制高等学部から89年)の歴史の中から、現在の大学の基礎が築かれました。キリスト教を教育理念の根幹に置く建学の精神によって教育が行われています。その精神はチャペルやキリスト教学のみでなく大学行事の中にも生かされています。文科系、社会系総合大学としての陣容を誇る西南学院大学では、教育・研究に優れた教授陣が、勉学を志す学生諸君に熱心な指導を行っています。素晴らしい学修環境のもと、情報処理教育においても、外国語教育においても新しい施設・設備を整えています。

お部屋を検索

家賃から探す

条件から探す

西南学院大学 周辺の賃貸事情

最寄駅は市営地下鉄「西新駅」より徒歩約5分。
周辺にはイルミネーションで綺麗な「福岡タワー」や、近代的な景観にリゾート感あふれる砂浜と青い海がマッチした「シーサイドももち海浜公園」があります。また、「福岡ソフトバンクホークス」の本拠地「福岡ヤフオク!ドーム」もあり賑やかな雰囲気です。

ピックアップ物件

MORE

西南学院大学 について

国際化に適した人材の育成を行う1916年設立の伝統校

西南学院大学は福岡市の文教地区、西新・百道エリアにある文科系・社会系の総合大学です。
キリスト教の理念に基づき、全学生がキリスト教学を学びます。
チャペルには本物のパイプオルガンがあり、重厚で荘厳な讃美歌の音色が心を穏やかにします。

中庭のメインストリートには、かつて学院が海辺の松林のそばにあったことを思い起させる、緑の松の木が生い茂っています。
キャンパスの東側は1921年に建造された赤レンガの西南学院講堂(現・大学博物館)をシンボルに、赤レンガの新校舎が多く建設されました。
注目は2017年4月オープンの新図書館。100万冊超の蔵書数と最新設備を誇ります。
個人の読書や学習のほか、Wi-Fi、電源等が利用でき、誰でも使用できる電子黒板があります。
iPadなどの機器も貸し出してくれるのでとても便利。休館日以外は日祝日も開館し、平日は夜22時まで。
1階のカフェは西南生ならメニューから100円引きです。

学食は2カ所あり、一つが東キャンパスにある赤レンガ造りの西南クロスプラザ。
約400名収容の開放的なカフェテリアで、食事メニューの他にパンやお菓子、ソフトクリームなどの軽食もあり、カフェ感覚で利用できます。
西キャンパスの大学生協内の学食はボリュームがあり安くて人気。
平日朝8時から19時30分まで開いており、朝昼晩の三食に利用できます。
また「ミールカード」という年間定期券は年額15万円で毎日1000円まで利用でき、一人暮らしの学生に便利です。
学外で学生に人気の食堂の一つが、正門から徒歩約4分の「ふじや食堂」。西南生御用達で卒業後も通うファンが多い定食屋です。
定番のチキン南蛮定食のほか丼物や麺類、カレーなどメニューも豊富です。

西新は地下鉄西新駅から藤崎駅まで東西に長く伸びる商店街が有名な賑やかな街です。
生活に必要なものはほぼ揃い、大型のディスカウントショップやカラオケ店、インターネットカフェ、ボウリング場などもあり娯楽も満喫できます。
もっと西新を楽しむなら路地裏めぐりをおすすめします。
商店街の裏道やビルの通路、枝分かれする細い商店街には個性的なお店がいろいろ。
じっくり発酵させたパンを焼く「ロヂウラベーカリー」やカッコイイセレクトの古着店「ichigo-ichie?」、ケーキとパフェが女子学生に人気の「ストロベリーフィールズ 西新店」などのお店があります。
路地裏めぐりでお気に入りのスポットを見つけてはいかがでしょう。

一人暮らしガイド

ページトップへ戻る